カレッタ汐留

ショップニュース ショップニュース

ショップ&サービス

2月に最も売れた本は・・・!?

B1F「文教堂書店」より、2月のランキングを発表致します!
<文庫>部門では、2年前に芥川賞を受賞し一躍時の人となった芸人・又吉直樹の『火花』が、ハードカバーから文庫本になって、第2位に返り咲き、再浮上。読み損ねていた方は、チャンス到来です。第10位の『旅猫リポート』は、映画化された『図書館戦争』、『阪急電車』、ドラマでも話題だった『フリーター、家を買う』、『空飛ぶ広報室』などの著者有川浩の作品。

<総合>部門第1位・第2位にランクインの『騎士団長殺し』は、村上春樹の最新作。
オリンピックまであと3年と迫る東京の今後が気になるあなたには、『東京大改造マップ2017-2020』もぜひ手に取ってみてもらいたい。

春はもう目前。何か新しいことを始めたくなる季節!今まで挑戦したことのなかったジャンルや、気になっていたけど読んでいなかった本を、これを機に読んでみてはいかがでしょう。皆様のご来店をお待ちしております。

<文庫部門>
1位 電通「鬼十則」 植田 正也 PHP研究所 495円
2位 火花 又吉 直樹 文藝春秋 580円
3位 沈黙 遠藤 周作 新潮社 550円
4位 愚行録 貫井 徳郎 東京創元社 700円
5位 あきない世傳金と銀 3(奔流篇) 高田 郁 角川春樹事務所 580円
6位 首折り男のための協奏曲 伊坂 幸太郎 新潮社 670円
7位 歌舞伎町ダムド 誉田 哲也 中央公論新社 720円
8位 電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり ホイチョイ・プロダクションズ 講談社 460円
9位 失敗の本質 戸部 良一 中央公論新社 762円
10位 旅猫リポート有川 浩 講談社 640円

<総合部門>
1位 騎士団長殺し 第1部(顕れるイデア編) 村上 春樹 新潮社 1800円
2位 騎士団長殺し 第2部(遷ろうメタファー編) 村上 春樹 新潮社 1800円
3位 電通事件 北 健一 旬報社 1000円
4位 MarkeZineマ-ケティング最前線2017 MarkeZine編 翔泳社 1500円
5位 生産性 伊賀 泰代 ダイヤモンド社 1600円
6位 年収300万円はお金を減らす人年収1000万円はお金を増やす人 金川 顕教 サンライズパブリッシング 1500円
7位 最新マ-ケティングの教科書 2017 日経デジタルマ-ケティング 日経BP社 1111円
8位 ネットメディア覇権戦争 藤代 裕之 光文社 800円
9位 東京大改造マップ2017-2020 日経ア-キテクチュア日経BP社 1200円
10位 共感PR 上岡 正明 朝日新聞出版 1500円

※税別表記
文教堂書店 [B1F]
ブンキョウドウショテン
このショップの基本情報を見る このショップの基本情報を見る

その他おすすめのショップ&サービス

すべてのショップニュース一覧を見る

go to top