カレッタ汐留

vol.1 nadaman shiodome47

日本料理 なだ万 汐留47

地上200mで体験する本格日本料理に舌鼓

 カレッタ汐留の最上階に君臨する老舗「なだ万」。黒を基調とし、古材の柱や梁、漆喰壁といった温もりのある自然素材を贅沢に使った店内は、京都の裏路地にたたずむ町屋風情。天井高約8メートルの開放的な空間の壁一面に大きくとった窓の外には、ゲートブリッジから東京タワー、富士山までを見渡せる大パノラマが広がる。
 ディナータイムは宝石のような夜景に包まれながら、美酒を片手に贅を尽くした和のコース料理(9,000円税サ抜~)やその日の気分を満たしてくれるアラカルトを。陽の光が燦々と注ぐランチタイムは美味しいものをすこしづつ色々楽しみたい、女性の好みを凝縮した食べ放題ブッフェ(3,500円税サ込)に舌鼓。しばし浮世を忘れてくつろぐ彩り豊かなひとときは、かならずや深く胸に刻まれることだろう。

 「季節感を大切にし、旬の素材の持ち味を極限まで引き出した「なだ万」伝統の味を基軸に、和洋の垣根を越え自由な発想で創る新しいスタイルの日本料理は、味を知る大人はもちろん、日本料理に敷居の高さを感じている若い世代の方にも是非お試しいただきたいですね」と、尾中調理長。「一料理人として生涯勉強」をモットーに、日々、料理・器・空間すべての調和に心を砕き、さらなる美食の扉を開く。
 店内には、プライベート感を大切にした大小5つの半個室とカップルに人気の窓沿いにしつらえたカウンター、そしてテーブル席の3タイプが用意され、どの席からも息を飲む絶景を堪能できる。
 今宵、老舗と斬新、和と洋が交差する和モダンな食空間で、五感を揺さぶられるエクスクルーシヴな夜を過ごしてみてはいかがか。

Chef ’s Information
~ 調理長の紹介 ~

老舗の伝統を守りながら、
常に新しい事にチャレンジ

1973年生まれ。鹿児島県出身。「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」料理部門にて32年連続1位受賞の鹿児島県指宿市の老舗旅館で研鑽し上京。なだ万に入社後、赤坂ジパング副調理長、箱根なだ万雅殿調理長を経て、2016年なだ万汐留47調理長就任、現在に至る。「老舗の伝統を守りながら、常に新しい事にチャレンジし、お客様の笑顔に出逢える料理をご提供出来る様、日々励んでおります」。

調理長 尾中 栄智郎(Eichiro Onaka)

Recommendation
~ おすすめ ~

懐石 花 11,000円(税サ抜) 老舗なだ万の真髄をダイジェストで味わえる定番コース。目にも四季を感じられる料理は、ひと口いただくだけで、その繊細な味わいに舌が喜ぶ逸品ばかり。
※写真はイメージです

コース よろこび 9,000円(税サ抜) お造りに天麩羅、ステーキ、寿司など、日本が世界に誇る“ザ・和食”が一堂に会するコース。外国のお客様の接待にも引き合いにされる人気メニュー。
※写真はイメージです

懐石 桐 16,000円(税サ抜) 吟味された旬の食材に匠の技を尽くした美しい料理の数々を堪能できる、当店きっての贅沢なコースは接待や寿ぎの席に。
※写真はイメージです

カレッタ汐留で東京タワービューを
楽しめる穴場スポット

カレッタ汐留内のレストランで東京タワービューを望める2店舗のうちのひとつ。夕暮れどきから夜にかけては、羽田空港の上空に着陸を待機する飛行機が数十機舞い飛び、その光景は、まるで蛍が瞬くようでロマンティックと口コミで密かに人気。

View Spot

東京タワーが見える

浜離宮恩賜庭園が見える

お台場が見える

レインボーブリッジが見える

その他:

羽田空港、ゲートブリッジ、富士山が見える

47F
なだ万 汐留47
ナダマン シオドメ47
平均予算:
ランチ/3,500円、
ディナー/10,000円
利用シーン:
個室あり夜景が綺麗接待で喜ばれるデートにおすすめビュッフェ/○○放題ランチ贅沢ランチ
席数:
114席
TEL:
03-6215-8111
サービス:
誕生日・お祝いの席でのプレートデザート(950円)をご用意。写真撮影等、印象に残るおもてなしを心掛けております。
このお店の基本情報を見る

※内容は予告なく変更になる場合がございます。

archive

なだ万 汐留47  [47F]
日本料理

Kia Ora STEAK&GRILL  [46F]
エイジングビーフ グリルダイニング

美寿思  [46F]

響  [46F]
ダイニングバー

/so/ra/si/o/  [46F]
レストラン&バー

YAKINIKU TORAJI PARAM  [46F]
焼肉

北の味紀行と地酒 北海道  [46F]
北海道料理